INTERVIEW 05

モットーは「笑顔で大らかに!」
元気な挨拶で1日をスタートさせます。

リーダー| 2014年入職

NODA YUYA

介護業界を志したきっかけは、
グループ代表の力強い言葉

グループホームの介護職で副主任という立場を任されています。
湖山医療福祉グループを知ったのは、大学の授業で湖山代表がグループの成り立ちや取り組みを紹介してくださったのがきっかけでした。
その時、「介護だけでなくなんでもやる、なんでもできる」と力強く仰っていたのが印象的で、私は介護業界に興味を持ち、同グループに所属しているひがしの会に入職しました。
2年前に15周年を迎えたこの施設はアットホームで穏やかな雰囲気が特徴です。レクリエーションや季節の行事もあり、玄関前の桜の木の下では、毎年ご利用者様と一緒にお話をしています。

互いの距離感を大切に。
笑顔で元気よく挨拶を!

現在、9名ずつ2ユニットあるグループホームの介護職として勤務しています。介助の他にレクリエーションや調理、掃除、洗濯などもしています。
またリーダーとしてご利用者様だけでなく一緒に働いているスタッフも気にかけるようにしています。その他に法人の研修チームに所属し、研修の企画・運営などもしています。
ご利用者様と接する時は「笑顔で大らかに」がモットーです。元気に挨拶することで相手も元気に返してくれます。そこからおしゃべりをしたり、体操や歌を歌ったりして、お互いの距離感を縮めておくとその後の介助がスムーズに行えます。

心を開いてもらえるよう
風通しの良い環境を目指す。

入職10年目の自分の将来像は、今のリーダーの立場から発展してホーム長や、より現場での経験を積んで知識を付け介護支援専門員の資格取得を目指したいです。また、私は直接的にご利用者様に関わって役に立てることにやりがいを感じているので、今後も現場で頑張りたいとも思っています。
ご利用者様だけでなく職員の話を聞く力と、自分の考えや全体の考えを言葉にして発信する力を身につけ、ご利用者様、周囲の職員からも安心して心を開いてもらえるように、風通しの良い環境を作っていきます。

感謝の気持ちと笑顔が私のモチベーション

介護の仕事をしていなかったとしたら、毎日こんなにも「ありがとう」と感謝されることはなかっただろうと思います。
それほど、日々感謝の言葉をいただけるのが介護の仕事です。ご利用者様の笑顔と「ありがとう」の一言が私のモチベーションにつながっています。

学生へのメッセージ

介護福祉士は国家資格です。ひがしの会ではその資格を取るための研修制度がとても充実しています。
また現場も理解してくれているのでサポートしてくれます。まずはそういったところからでもいいので興味を持っていただけたら嬉しいです。